いつも、がけっぷち 未分類
FC2ブログ

クラウドファンディング エンドロールなど記載

映画「くじらびと」のクラウドファンディングありがとうございました。

エンドロールおよび、ホームページ掲載のリストです。

国際プロデューサー
早川直希 若林隆壽 奥平謙二 中村ひろ 
田中浩子 河千田健朗 本名貴光 鍋山俊雄 藤原俊春 
柳澤久永 松井大 髙橋一郎 安田三洋 
クリシュナ智子 渥美明 戸田安信 (株)エーアンドジー 
村中愼太郎 江口誠 石井佑介 石井万里子
松浦栄治 小林次夫 古井貴 宮本剛 宇野晃成 

共同プロデューサー
柿沢美希 本間浩久 竹花康 瀧口宏 小田久美子 
及川拓 官林春奈 松浦克彦 高橋章浩 田中賢治
伴亮子 荒木花子 小島弘之 吉川雄大 
塩田くみ 森高敦 綾野俊晴 木村也寸志 平岡幸恵
半根浩次 須田信也 松下哲也 小熊充
山本敦 鼻谷年雄 藤森修 田頭芳樹
泉順義 杉本晋之介 松本博文 市島佑起子 
山田亜樹 犬飼正良 桐田敬久 吉田全作 
河原暁 岡真由 園木邦夫 井上文江 
伊橋卓文 安井孔一 庄司操 髙橋ツトム


スペシャルサンクス
岸田和美 房俊介 大西洋 斉藤朋彦 
倍賞千恵子 真木太郎 伊東美香 松田善彦
戸塚久仁子 鈴木郁世 服部弘子 
徳永祐子 佐藤珠美 古橋大地 柿本邦夫 
奈良巧 伊藤美咲 千代田路子 斎藤仁志 
安田菜津紀 梶原修 児矢野祐一 林元光広
福田礼 藤江健司 上杉哲夫 若林航 
伊藤香里 有賀毅 野川道央 牧野百合
平岡貢二子 福島秀基 舞田仁司 冨金原塊 
肥田繁樹 日野裕一 田方篤志 田口茂樹 
中村征夫 池田修一郎 大城研司 村井正己 
増澤愛子 扇牧生 石川順子 石原茜 生駒大壱 
水澤澄江 水上実由喜 仁科愛 森下了太
松林智子 秋友伸隆 秋元幸雄 市川翔太
市川笑三郎 山中紀子 三輪東 三浦秀夫
細田崇司 佐藤啓太 向田隆 光菅修 
原澤祐一 久野義憲 久富ゆき 亀之園祥平
関野吉晴 管啓次郎 鎌田博光 芥川仁
河内篤 斉藤千恵子 井上文子  伊藤紀彦 
門田寿美子
(上記の方は映画のエンドロールに掲載 以下の方はHPのみとなります)

岡崎隆史 白井孝賢 小松優子 有賀直美
中村浩 杉本崇光 酒井建 高山幸子 
柿澤有希子 西村貴志 下村聖実 三上博民 
廣瀬秀則 廣居剛 来島泰史 有木正光 
野澤克昌  木村親生 本田雅之 

牧野千恵 福原寬 藤本尚太郎 藤川祐子 
中林由恵 中嶋浩介 竹内美加 竹下大介 
村山聡 赤塚義之 石井民子 西川豊子
水戸智子 新藤幸子 小林誠 小堀完治 
勝直樹 時田光章 児玉安男 山本直洋 
山崎弘介 山口美智子 坂本光正 佐藤安紀子 
高柳操 高木由紀 近藤祐子 久保田希
 丸山亮太 高見剛 栗山義史 
上田浩矢 松岡健太郎 黒田俊行 本田優生
北野美華子 長尾アミ 守田浩章 名和幸子 
能登静子 内山眞美 筒井章子 嶋田春幸 
田中ひろみ 田尻瑞穂 千田英子 清川香織 
松丸圭 若林麻実 山本千夏 山地裕子 
佐藤誠一 佐藤恵子 幾田恵里子 岩本秀光 
越市太郎 白楽由紀 池田由香里 室賀美佐江 
舩橋和花 斎藤智宏 井高好夫 
礒ケ谷元雄 爲我井由美子 濱野十起子
濱元伸夫 櫻井優一 櫻井敬人 鈴木雄飛 
鈴木邦子 矢吹杏子 野中恵美子 野村和正 
木村正宏 槙野繁輝 堀純子 堀井和文 
米林和輝 平川貴士 福本智晴 樋口康太郎 
梅田勝大 馬場加奈子 馬橋摩利 日暮雄一 
南幸男 内尾哲郎 渡辺未知 渡部孝子 
長田智史 長田翠 中島義彰 中村綾花 
中西朋暁 中根嶺 竹平千恵 
 
大脇治雄 大日方明子 大島いよ子 大津修二 
大村祐大 大前純一 大森茂樹 大小島真木 
蔵前仁一 前田美可 泉泰之 川野真樹 
川崎泰照 川原秀子 折山瑠美 赤塚直子 
石川剛 青木雄介 西村和夫 西真理子 
星紳一 杉本祥子 仁田美帆 神子尚子
森田恵子 森岡美香 新谷勇郎
上野克 松原邦雄 松井美貴子 庄司裕昭 
小路一美 小林朗 小林正樹 小椋淳一 
小田切秀人 小川正規 小川愛 小松道彦 
小山抄子 小原直史 小栗秀夫 勝又ひろし 
重信正嗣 秋元りる 柴玲子 糸井真理子 
山脇浩子 山本純一 山田修 山根勇
山口律 山口真生 山口耕 山岸香 
山下裕 三輪健一郎 細川清人佐藤陽子 
佐藤美芳 佐藤慧 佐々木正明 佐々木 広人
高沢進吾 高橋範吉 向井圭 
五十嵐修 古橋進一 玄場和子 原田晶子 
原中邦彦 近藤華 橋口真樹子 宮内和行
宮沢真紀 宮川和夫 宮崎学 宮下智子
及川博勝 久保田亮子 吉岡美紀 
吉岡千里 岩間幸司 鎌田寛子 
垣内彰 河野透 河野秀二 加藤洋子 加藤晃
下村麻美 下山敦子 奥定夏実 園木美緒
永松真紀 井本和代 井本雅子 井ノ上裕之 
安藤庸生 畠中宏之 高木佳子 杉浦健 
笹竹佐智子 宇野直樹 石井清一郎 平井寧 
土田 栞 坂本正樹 池田幹史 伴藍子
スポンサーサイト



くじらの村で思う

辺境の島で過ごし始めて半月。ここには何にもないがすべてがある。
海に入れば魚や貝が漁れ、海水からは塩が採れる。木に登れば毎朝椰子酒が。海の幸を携え山を登れば帰りは山の幸で山盛りだ。大自然に感謝せずにはいられない。
神様の声が聞こえてくる「人間よ、まだ、不満があるのか?いったいこれ以上何を望むのだ。

くじらびとファンディング第2弾はじめました。
https://motion-gallery.net/projects/whalehunter2


2018122410474823d.jpeg


「くじらびと」ファンディング第2弾始めました。

ポレポレ東中野上映イベント

 「世界でいちばん美しい村」上映イベント 7月12日以降

  すべて監督の石川梵とのトークイベント

12日 はなおと ソロ (エンドロールミュージシャン 生演奏)
13日 桃井和馬(写真家)
  14日 森枝卓士(ジャーナリスト)
  15日 jigyan Kumar Thapa (ネパール人テレビコメンテーター)
 16日 はなおと (エンドロールミュージシャン 生演奏)
  17日 はなおと(エンドロールミュージシャン 生演奏)

はなおと下高井戸自画像blog

大阪上映 6月23日は、「ゆきゆきて、神軍」の原一男監督

大阪第七藝術劇場、「世界でいちばん美しい村」5日目、6月21日のトークゲストに迎えるのは「ゆきゆきて、神軍」の原一男監督。
「ゆきゆきて、神軍」(以下神軍)を今更語るのも憚られるが、20代のころ初めて見たときの衝撃は凄まじかった。主役となる奥崎と監督の原とのある種の共犯関係が、もはやほとんど犯罪といえるような行為によってインタビューの相手を追い詰めていく。方法は犯罪的だが、そこからあぶりだされる真実が鮮烈で、ドキュメンタリーの凄さを思い知らせれた気がした。
マイケル・ムーア監督が「生涯観た映画の中でも最高のドキュメンタリーだ」という意味もよくわかる。
言ってみれば、そんな原作品の対極にあるのが私の「世界でいちばん美しい村」
原監督とはどんな話になるのか、全く予想がつかない。それがまた楽しみだ。

原一男


ゆきゆきて神軍




1週間のトークゲストは以下の通り。
第七藝術劇場 6月17日(土)より
13:55 / 16:40(1日2回上映、2週目より1日1回終映日未定)
スペシャルトーク
6月17日
13:55 石川梵 x Jun Amanto(舞踏家) *はなおと*(エンドロールミュージシャン)ミニライブ
16:40 *はなおと* ミニライブ
6月18日
13:55 石川梵 x 関野吉晴(探検家・グレートジャーニー) *はなおと*ミニライブ
16:40 *はなおと* ミニライブ
6月19日
石川梵 x 佐伯剛(風の旅人編集長)
*はなおと* ミニライブ
6月20日
石川梵x榛葉健(うたごころ 映画監督)
6月21日
石川梵 x 原一男(「ゆきゆきて、神軍」監督)
6月22日
石川梵 x 内田裕士(美塾)
6月23日
石川梵 x 上野朝義(能楽師)
(敬称略)

「この世界の片隅に」との共通点

先日、奇跡のヒットを続ける「この世界の片隅に」の関係者と話しをした。まずクラウドファンディングからスタートした片隅が、当初からどれほどすごい反響があったかということを話してくれた。
.

.
「各地で試写会をやったのです。マスコミ向けの試写会というのは、大体上から目線で観られるのですが、その試写会で拍手が起こるのです。これは通常ではあり得ないことです。
片渕監督はとても真面目な方で、それ以前の作品でも毎日のように舞台挨拶に行っていたのです、それが話題になって、小さな劇場でしたがやがて満員になりました。
また、監督が毎週のようにメールマガジンを発行して読者に情報発信するのです。
パンフレットがとにかく売れるんです。
映画サイトの口コミ評価が大変良い。
リピーターが大変多い。またリピーターが友だちを連れてくる
クラウドファンディングをすると、原作の影響もありますが、多くの人が支援してくれるのです。
とにかく初めから、他の映画とはまるで違った」
.

.
戦争と震災、テーマの違いはあるが、私はそれが全部「世界でいちばん美しい村」に当てはまることを伝えるとびっくりした様子だった。
片隅は、当初60館からスタートしたが、その後口コミで拡大し、130万人を動員する大ヒットとなった。
.

.
写真は片渕監督と。ちなみに年齢までおなじてした 笑
「世界でいちばん美しい村」の今後をお楽しみに。
(シェア歓迎)
プロフィール

lamafa

Author:lamafa
写真家 石川梵

初監督作品 「世界でいちばん美しい村」全国公開中

最新刊

祈りの大地祈りの大地(岩波書店)
(2014/04/23)
石川 梵

商品詳細を見る


伊勢神宮 式年遷宮と祈り (集英社新書)伊勢神宮 式年遷宮と祈り (集英社新書)
(2014/04/17)
石川 梵

商品詳細を見る



震災写真集「The Days After-東日本大震災の記憶」が日本写真協会作家賞を受賞しました。

写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶
(2011/06/24)
石川 梵

商品詳細を見る


鯨人 (集英社新書)鯨人 (集英社新書)
(2011/02/17)
石川 梵

商品詳細を見る


時の海、人の大地―太古の記憶を求めて地球を巡る旅時の海、人の大地―太古の記憶を求めて地球を巡る旅
(2006/12)
石川 梵

商品詳細を見る


海人―THE LAST WHALE HUNTERS海人―THE LAST WHALE HUNTERS
(1997/09)
石川 梵

商品詳細を見る


伊勢神宮―遷宮とその秘儀伊勢神宮―遷宮とその秘儀
(1993/11)
石川 梵

商品詳細を見る


最新刊
フリスビー犬、被災地をゆくフリスビー犬、被災地をゆく
(2011/12/24)
石川 梵

商品詳細を見る



ライフワーク、大自然と人間の共生をテーマに二つの目線から撮影を続ける。
1、地球46億年の歴史を、空から撮る。
2、祈りを通して、人間の内面世界を露わにする。

これまで講談社出版文化賞、日本写真協会作家賞,同新人賞他、受賞多数。
 Life, Paris Match, Geo、National Geographic など海外のメディアでもフォトストーリィを発表
著書に「祈りの大地」(岩波書店)「伊勢神宮 式年遷宮と祈り」(集英社)「 鯨人(くじらびと)」集英社新書 
写真集 「The Days After 東日本大震災の記憶」飛鳥新社「伊勢神宮、遷宮とその秘儀」 朝日新聞社
 「海人」新潮社
フォトエッセイに 「時の海・人の大地」 魁星出版、「フリスビー犬、被災地を行く」飛鳥新社がある。

東京都町田市在住 大分県出身
日本写真家協会会員

本ブログの写真・文章の了承なき使用は禁止します。
All rights reserved

Twitter bonlamafa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR