いつも、がけっぷち 未分類

ネパールと東北を結ぶファンディング

松竹東京劇場の上映は決まった。
全国ロードショーも決まった。普通ならこれで十分ですが、あることに気づきました。
それは、東北にはほとんど映画館がないということです。この映画のネパールと東北を結ぶという本来の目的がこのままでは果たせません。
そこで、思い切って東北と全国ツアーを計画しました。そしてそのためのクラウドファンディングも。
詳しくはこちらもをご覧ください。
レディーフォー・クラウドファンディング
スポンサーサイト

映画「世界でいちばん美しい村」がニュースに

第一回目のマスコミ試写会を終え、少しずつだが、映画「世界でいちばん美しい村」のニュースがYahooなどのメディアに出はじめた。
3月の公開へ向け、これから3度のマスコミ試写会があるわけだが、映画自体の持つ力で大きな風を吹かせたい。


シネフィル

シネフィルはこちら


映画情報ドットコムはこちら

Yahoo ニュースはこちら


明日(7月29日)NHK総合テレビ午後5時からのニュース番組、シブ5時で、映画「世界でいちばん美しい村」の特集が放映されます。
いちドキュメンタリー映画としては異例の扱い。
担当したディレクターさんは「この映画を特集しなければ○○○に火をつける」と言い放つほどの入れ込みようでした(笑)

アシュとプナム

そんな彼女が作る特集番組、私も楽しみにしています。
必見!

僕とアシュburogu-


積み木

長い時間をかけて積み上げてきたものが一部の人間により、一瞬にして破壊され、善意は踏みにじられ、友情は顔の見えない憎悪に代わる。

それでもわたしたちは、蟻のように、また一から積み木を積んでいかなければならない。

「たとえ明日、世界が滅ぶとも私は今日、林檎の木を植える」
マルチン・ルターの有名な言葉が目指しているのは確かな結果ではない。
希望は強い勇気であり、新たな意志そのものなのだ。

そしてそれが、きっと唯一の道なのだろう。


laprakchildren.jpg

アシュバドルとお父さんのボラムサキャが親子で放牧にに同行しました。

ボラムサキャは毎日家畜の世話をするため家を離れます。ヒマラヤの山懐を放牧して回るのですが、遠い時はラプラックから徒歩で一週間もかかる場所まで移動します。

放牧中は山の所々に家畜小屋があり、そこで寝泊まりするのです。これはそんな家畜小屋のひとつでくつろぐ二人。


ashandbolamasakya.jpg


ここには、まるでおとぎ話にでもでてきそうな、父と子の生活がありました。
ボラムサキャの遊牧生活は、来年春完成予定の映画 「Save Laprak ラプラックを救え!」でもたっぷり紹介する予定です。

プロフィール

lamafa

Author:lamafa
写真家 石川梵


最新刊

祈りの大地祈りの大地(岩波書店)
(2014/04/23)
石川 梵

商品詳細を見る


伊勢神宮 式年遷宮と祈り (集英社新書)伊勢神宮 式年遷宮と祈り (集英社新書)
(2014/04/17)
石川 梵

商品詳細を見る



震災写真集「The Days After-東日本大震災の記憶」が日本写真協会作家賞を受賞しました。

写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶
(2011/06/24)
石川 梵

商品詳細を見る


鯨人 (集英社新書)鯨人 (集英社新書)
(2011/02/17)
石川 梵

商品詳細を見る


時の海、人の大地―太古の記憶を求めて地球を巡る旅時の海、人の大地―太古の記憶を求めて地球を巡る旅
(2006/12)
石川 梵

商品詳細を見る


海人―THE LAST WHALE HUNTERS海人―THE LAST WHALE HUNTERS
(1997/09)
石川 梵

商品詳細を見る


伊勢神宮―遷宮とその秘儀伊勢神宮―遷宮とその秘儀
(1993/11)
石川 梵

商品詳細を見る


最新刊
フリスビー犬、被災地をゆくフリスビー犬、被災地をゆく
(2011/12/24)
石川 梵

商品詳細を見る



ライフワーク、大自然と人間の共生をテーマに二つの目線から撮影を続ける。
1、地球46億年の歴史を、空から撮る。
2、祈りを通して、人間の内面世界を露わにする。

これまで講談社出版文化賞、日本写真協会作家賞,同新人賞他、受賞多数。
 Life, Paris Match, Geo、National Geographic など海外のメディアでもフォトストーリィを発表
著書に「祈りの大地」(岩波書店)「伊勢神宮 式年遷宮と祈り」(集英社)「 鯨人(くじらびと)」集英社新書 
写真集 「The Days After 東日本大震災の記憶」飛鳥新社「伊勢神宮、遷宮とその秘儀」 朝日新聞社
 「海人」新潮社
フォトエッセイに 「時の海・人の大地」 魁星出版、「フリスビー犬、被災地を行く」飛鳥新社がある。

東京都町田市在住 大分県出身
日本写真家協会会員

本ブログの写真・文章の了承なき使用は禁止します。
All rights reserved

Twitter bonlamafa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR