いつも、がけっぷち カメラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Go Pro で試し撮り

前々から欲しいと思っていたGo Pro。
来月発売の2冊の本の原稿が終わったので、購入しました。

さっそく趣味のディスクドッグを十兵衛と撮影しました。



やりだすとのめり込むのが僕の悪い癖(笑)


でもかなり気に入ってます、このカメラ。


年中空撮して、鯨を撮っていたころにこのカメラがあったら面白いのが撮れたのになあ(笑)



スポンサーサイト

Fuji XE2 vs Canon 5D Mark 3

FujiのXE-2がいいと、友人の小原玲さんにいわれ、Fujiから借りてモニターしている。
X-T1も来週来るので楽しみだ。


本来カメラの格が違うので、比べるのもどうかと思うが、画質をみてみた。

ただ、原稿が大詰めで取材に行けないのが残念。とりあえず、自宅の犬を被写体にテスト撮り。

blogjujutryagain.jpg


Canon 5D Mark3 50/f1.4 



atestDSCF2507.jpg

Fuji XE2 35/1.4



blogcanon2_M0A8612.jpg


Canon 5D Mark3 50/f1.4 等倍

atestupDSCF2507.jpg


Fuji XE2 35/1.4 等倍


光りの回り方が微妙に違うので、単純比較はできないが、解像力はさすがキャノンという感じ。
だが、よくみるとシャープネスをかけたような画像になっている。

XE2はそこまで解像してないが、毛の一本一本まで描写がナチュラルだ。

このあたりは被写体によるが、それぞれの好みだと思う。


これはオマケ。次にテストをするときに、目やにをきれいにしとかないと(笑)

blogjubeiblogDSCF2286.jpg

Fuji XE2 18-55




プロフィール

lamafa

Author:lamafa
写真家 石川梵


最新刊

祈りの大地祈りの大地(岩波書店)
(2014/04/23)
石川 梵

商品詳細を見る


伊勢神宮 式年遷宮と祈り (集英社新書)伊勢神宮 式年遷宮と祈り (集英社新書)
(2014/04/17)
石川 梵

商品詳細を見る



震災写真集「The Days After-東日本大震災の記憶」が日本写真協会作家賞を受賞しました。

写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶
(2011/06/24)
石川 梵

商品詳細を見る


鯨人 (集英社新書)鯨人 (集英社新書)
(2011/02/17)
石川 梵

商品詳細を見る


時の海、人の大地―太古の記憶を求めて地球を巡る旅時の海、人の大地―太古の記憶を求めて地球を巡る旅
(2006/12)
石川 梵

商品詳細を見る


海人―THE LAST WHALE HUNTERS海人―THE LAST WHALE HUNTERS
(1997/09)
石川 梵

商品詳細を見る


伊勢神宮―遷宮とその秘儀伊勢神宮―遷宮とその秘儀
(1993/11)
石川 梵

商品詳細を見る


最新刊
フリスビー犬、被災地をゆくフリスビー犬、被災地をゆく
(2011/12/24)
石川 梵

商品詳細を見る



ライフワーク、大自然と人間の共生をテーマに二つの目線から撮影を続ける。
1、地球46億年の歴史を、空から撮る。
2、祈りを通して、人間の内面世界を露わにする。

これまで講談社出版文化賞、日本写真協会作家賞,同新人賞他、受賞多数。
 Life, Paris Match, Geo、National Geographic など海外のメディアでもフォトストーリィを発表
著書に「祈りの大地」(岩波書店)「伊勢神宮 式年遷宮と祈り」(集英社)「 鯨人(くじらびと)」集英社新書 
写真集 「The Days After 東日本大震災の記憶」飛鳥新社「伊勢神宮、遷宮とその秘儀」 朝日新聞社
 「海人」新潮社
フォトエッセイに 「時の海・人の大地」 魁星出版、「フリスビー犬、被災地を行く」飛鳥新社がある。

東京都町田市在住 大分県出身
日本写真家協会会員

本ブログの写真・文章の了承なき使用は禁止します。
All rights reserved

Twitter bonlamafa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。