そろそろ本気をだすかな 汚染水の恐怖

汚染水の恐怖

2013年3月11日、2年目を迎えた福島第一原発周辺を空撮した。復旧が進まない20キロ圏内、特に海岸周辺は、未だに瓦礫や、乗り上げた船が散乱し、震災直後と見まがうばかりだ。
(その模様は、3月15日発売のフライデーで発表)

そんななか、気になったのが、福島第一の敷地いっぱいに広がる汚染水タンク。

これは未発表の写真だ。作業員とタンクの大きさを比較してほしい。

fukushimawebMG_1448.jpg
(撮影石川梵 2013.3.11)

1000トンのタンクが、二日半でいっぱいになっており、タンクを増設して対応しているが、2年後には敷地のキャパを超えるという。しかもタンクそのものの寿命も、当座しのぎのため3年の耐久保証しかない。

ALPSという放射能除去装置も、強度に問題がっていまだ稼動できず、しかも放射能の一部が除去できないことも判明している。

これらの汚染水をどうするのか、政府は土壇場で、ALPSを通し、環境基準を超えた場合は水で薄めて海洋投棄しようとしているのではないかと、推測するのは難しいことではない。



FC2 Management

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

lamafa

Author:lamafa
写真家

最新刊

祈りの大地祈りの大地(岩波書店)
(2014/04/23)
石川 梵

商品詳細を見る


伊勢神宮 式年遷宮と祈り (集英社新書)伊勢神宮 式年遷宮と祈り (集英社新書)
(2014/04/17)
石川 梵

商品詳細を見る



震災写真集「The Days After-東日本大震災の記憶」が日本写真協会作家賞を受賞しました。

写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶
(2011/06/24)
石川 梵

商品詳細を見る


鯨人 (集英社新書)鯨人 (集英社新書)
(2011/02/17)
石川 梵

商品詳細を見る


時の海、人の大地―太古の記憶を求めて地球を巡る旅時の海、人の大地―太古の記憶を求めて地球を巡る旅
(2006/12)
石川 梵

商品詳細を見る


海人―THE LAST WHALE HUNTERS海人―THE LAST WHALE HUNTERS
(1997/09)
石川 梵

商品詳細を見る


伊勢神宮―遷宮とその秘儀伊勢神宮―遷宮とその秘儀
(1993/11)
石川 梵

商品詳細を見る


最新刊
フリスビー犬、被災地をゆくフリスビー犬、被災地をゆく
(2011/12/24)
石川 梵

商品詳細を見る



絶景と秘境の写真家として知られるが、二つのライフワークを持つ。
1、地球46億年の歴史を、空から撮る。
2、もうひとつは、祈りを通して、人間の内面世界を露わにする。

これまで講談社出版文化賞、日本写真協会作家賞,同新人賞他、受賞多数。
 Life, Paris Match, Geo、National Geographic など海外のメディアでもフォトストーリィを発表
著書に「祈りの大地」(岩波書店)「伊勢神宮 式年遷宮と祈り」(集英社)「 鯨人(くじらびと)」集英社新書 
写真集 「The Days After 東日本大震災の記憶」飛鳥新社「伊勢神宮、遷宮とその秘儀」 朝日新聞社
 「海人」新潮社
フォトエッセイに 「時の海・人の大地」 魁星出版、「フリスビー犬、被災地を行く」飛鳥新社がある。

東京都町田市在住 大分県出身
日本写真家協会会員

本ブログの写真・文章の了承なき使用は禁止します。
All rights reserved

Twitter bonlamafa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR