いつも、がけっぷち 3月15日の放射能汚染

3月15日の放射能汚染

ブログでは書いてないが、3月15日、かなりの量の被曝をした。
その前夜には郡山でスクリーニングを受けており、結果はゼロだったのでこの日に被曝したのは間違いない。

この日の行動を振り返ってみると、基地の福島市から午前中に仙台空港へバイクで移動。途中、国見ICあたりで降雨。
仙台空港の取材中はほとんど雨が降らなかった。
その後、昼ごろ、福島のホテルに戻る。午前6時にまた2号機が爆発したことを知る。
今後、雨か雪の予報が出ており、さらに事態が悪化する前に東京へ戻り、車に乗り換えることを決断。
午後、福島を出て、東北道を東京へ向かう。郡山を抜けたあたりからポツポツと雨が。
那須あたりから本格的に雨が降り始め、フルフェイスのメットについた露も心なしか黒ずんでいた。
塩原ICで休憩するときには、体がかなり濡れてしまった。
その後、雨が止んだが、かなりの危機感を持つ。

夕方、東京町田の自宅に到着、着ているものを全部脱ぎ、ビニール袋に入れて、玄関に置く。
自分はそのまま浴室で除染。

翌日夕方、取材に再出発。その夜は、上河内のSAで一夜を明かし、常磐道を通っていわきへ。
いわき市の保健所でスクリーニングを受けたところ、持参したカメラバッグが40,000CPMの放射線を発しているのを記録。その場でカメラバッグは没収。
幸い、体は除染済だったので、除染を命じられることはなかった。

40,000cpmはuSV換算で、約333uSv。ちなみに13000cpmがその時のいわき市の除染基準。

いったいどこでそんな高濃度の放射能汚染をしたのか、ずっと謎だった。
政府がなぜか3月15日のSpeediだけ公表しなかったからだ。

最近出たこのデータにより、当時の状況が判明。記憶と重ねると、白河から那須あたりで放射能雨を浴びたことがわかった。



なんと自分自身がホットスポットになっていた。
外部被曝はともかく内部被曝が気になった。
その後、首都圏唯一の放射線研究所にホールボディ検査を申し込むが断られる。
なんと福島県からの依頼以外は受け付けないということだ。

Speediが公開されていれば、その日、東北道郡山から栃木県北部を走ることはなかっただろう。
検査を受けられれば、応急処置を講ずることもできるだろう。

政府の対応はあまりにひどくないか?


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

lamafa

Author:lamafa
写真家 石川梵


最新刊

祈りの大地祈りの大地(岩波書店)
(2014/04/23)
石川 梵

商品詳細を見る


伊勢神宮 式年遷宮と祈り (集英社新書)伊勢神宮 式年遷宮と祈り (集英社新書)
(2014/04/17)
石川 梵

商品詳細を見る



震災写真集「The Days After-東日本大震災の記憶」が日本写真協会作家賞を受賞しました。

写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶
(2011/06/24)
石川 梵

商品詳細を見る


鯨人 (集英社新書)鯨人 (集英社新書)
(2011/02/17)
石川 梵

商品詳細を見る


時の海、人の大地―太古の記憶を求めて地球を巡る旅時の海、人の大地―太古の記憶を求めて地球を巡る旅
(2006/12)
石川 梵

商品詳細を見る


海人―THE LAST WHALE HUNTERS海人―THE LAST WHALE HUNTERS
(1997/09)
石川 梵

商品詳細を見る


伊勢神宮―遷宮とその秘儀伊勢神宮―遷宮とその秘儀
(1993/11)
石川 梵

商品詳細を見る


最新刊
フリスビー犬、被災地をゆくフリスビー犬、被災地をゆく
(2011/12/24)
石川 梵

商品詳細を見る



ライフワーク、大自然と人間の共生をテーマに二つの目線から撮影を続ける。
1、地球46億年の歴史を、空から撮る。
2、祈りを通して、人間の内面世界を露わにする。

これまで講談社出版文化賞、日本写真協会作家賞,同新人賞他、受賞多数。
 Life, Paris Match, Geo、National Geographic など海外のメディアでもフォトストーリィを発表
著書に「祈りの大地」(岩波書店)「伊勢神宮 式年遷宮と祈り」(集英社)「 鯨人(くじらびと)」集英社新書 
写真集 「The Days After 東日本大震災の記憶」飛鳥新社「伊勢神宮、遷宮とその秘儀」 朝日新聞社
 「海人」新潮社
フォトエッセイに 「時の海・人の大地」 魁星出版、「フリスビー犬、被災地を行く」飛鳥新社がある。

東京都町田市在住 大分県出身
日本写真家協会会員

本ブログの写真・文章の了承なき使用は禁止します。
All rights reserved

Twitter bonlamafa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR