いつも、がけっぷち 奇跡の鯨漁撮影
FC2ブログ

奇跡の鯨漁撮影

ついに2年目にして夢がかないました。6月4日に鯨漁の撮影に成功しました。
この一年に5回も通い、今回のロケだけでも50日目にしてついに実現しました。実は予定では、6月2日に現地を発つ予定でした。それでもなんとかベストを尽くそうと思い直し、ビザギリギリまで粘ることにしました。そして正に延長したその期間に鯨漁と遭遇することができました。

でも、タイトルのように今回の撮影を奇跡と呼んでいるのは、何も最後の最後で鯨漁を撮れたから、というわけではありません。
自分の乗っている舟で、ずっと追っかけている人物が一番銛を入れたからです。

十数艘もあるくじら舟、どれが鯨を撮るかわからない。運が悪いと、せっかく鯨が出ても、自分の舟は蚊帳の外になる可能性もあります。
そのためチャーター舟を出しておっかけるのですが、離れたところからの撮影だと迫力がない。そこでドローンの出番となるのだけれども、ドローンをいくら駆使しても勝てない映像があります。
それが、鯨を獲っている船内からの映像です。その迫力はあえて説明する必要もないでしょう。しかしいったん舟に乗り込めば、もう身動きがとれなくなります。もう他の舟に移れないし、鯨漁の現場が遠くても移動ができない。撮影成功の可能性はぐっと小さくなります。
今回、迷いに迷いましたが、最後はドローンではなく、船内の映像に賭けました。そしてそれが見事にはまり、しかも自分が獲ってほしい男が獲ってくれた。
ドラマはそれだけではないのですが、映画の内容にかかわるので、今回はここまでにしておきます。


鯨と朝日ブログ用


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

lamafa

Author:lamafa
写真家 石川梵

初監督作品 「世界でいちばん美しい村」全国公開中

最新刊

祈りの大地祈りの大地(岩波書店)
(2014/04/23)
石川 梵

商品詳細を見る


伊勢神宮 式年遷宮と祈り (集英社新書)伊勢神宮 式年遷宮と祈り (集英社新書)
(2014/04/17)
石川 梵

商品詳細を見る



震災写真集「The Days After-東日本大震災の記憶」が日本写真協会作家賞を受賞しました。

写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶
(2011/06/24)
石川 梵

商品詳細を見る


鯨人 (集英社新書)鯨人 (集英社新書)
(2011/02/17)
石川 梵

商品詳細を見る


時の海、人の大地―太古の記憶を求めて地球を巡る旅時の海、人の大地―太古の記憶を求めて地球を巡る旅
(2006/12)
石川 梵

商品詳細を見る


海人―THE LAST WHALE HUNTERS海人―THE LAST WHALE HUNTERS
(1997/09)
石川 梵

商品詳細を見る


伊勢神宮―遷宮とその秘儀伊勢神宮―遷宮とその秘儀
(1993/11)
石川 梵

商品詳細を見る


最新刊
フリスビー犬、被災地をゆくフリスビー犬、被災地をゆく
(2011/12/24)
石川 梵

商品詳細を見る



ライフワーク、大自然と人間の共生をテーマに二つの目線から撮影を続ける。
1、地球46億年の歴史を、空から撮る。
2、祈りを通して、人間の内面世界を露わにする。

これまで講談社出版文化賞、日本写真協会作家賞,同新人賞他、受賞多数。
 Life, Paris Match, Geo、National Geographic など海外のメディアでもフォトストーリィを発表
著書に「祈りの大地」(岩波書店)「伊勢神宮 式年遷宮と祈り」(集英社)「 鯨人(くじらびと)」集英社新書 
写真集 「The Days After 東日本大震災の記憶」飛鳥新社「伊勢神宮、遷宮とその秘儀」 朝日新聞社
 「海人」新潮社
フォトエッセイに 「時の海・人の大地」 魁星出版、「フリスビー犬、被災地を行く」飛鳥新社がある。

東京都町田市在住 大分県出身
日本写真家協会会員

本ブログの写真・文章の了承なき使用は禁止します。
All rights reserved

Twitter bonlamafa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR