いつも、がけっぷち
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017をふりかえる 11

劇場上映が終わった地域から自主上映を解禁していった。
Facebookのクチコミから広がった「世界でいちばん美しい村」の人気は想像を超えていた。駒ヶ根上映は入場者350人を超え、神戸、大阪でも予約で満員。地元町田では平日の昼間なのに300席の前売りが早々と完売、12月の横須賀上映では、800席が埋まった。
来年1月の町田上映会もすでに前売り完売だ。
これからどんどん上映会をプロデュースし、ひとりでも多くの方々にこの映画を届けたいと思う。

その11の1


その11の2


その11の3


その11の4

2017をふりかえる 10

10月にはラプラックを再訪した。プナム基金を届けるためと、続編の撮影のためだ。資金がないなかでの見切り発車だった。
そしてプナムやアシュバドルを連れてカトマンズへ。
ネパール初の上映会では、みんなが壇上に上がって挨拶。
感無量だった。
カトマンズでは、大学生になったジルバドルの学校生活にも触れることができた。支援が目に見える形で実るのはうれしい。

その10の1

その10の3


その10の2

2017をふりかえる 9

秋には念願の東北キャラバンツアーを行った。
上映前はネパールの映画ということで関心が今ひとつだったが、上映が終わるとどこでも拍手が鳴りやまなかった。
映画の内容がわからず当初は戸惑いがちに思えた現地で共催してくださったNPOの方々からも終映後は熱い感謝の言葉をいただいた。
東北はまた訪れる予定だ。

その9の1


その9の2


その9の3


その9の4


その9の5

2017をふりかえる 8

地方でもメディア&トークイベント戦略を展開した。資金がないので、マンパワー戦略ともいう(笑)
「世界でいちばん美しい村」は社会性の高い映画なので、どの地方でも例外なく写真つきで取り上げてくれた。


その8の2

地元大分では、テレビ3社ラジオ3局地元新聞が4回も取り上げてくれ、シネマ5では1週間興行にもかかわらず、542人の動員を記録。配給が「有り得ない数字」と絶句した。
その後、映画は東京で劇場を変えながら計5館で上映。全国でも39館に広がった。

その8の1


その8の3


2017をふりかえる 7

韓国の全州国際映画祭で「世界でいちばん美しい村」が特別招待作品に選ばれ、妻と訪れた。
アジアを代表する国際インディペンデント映画祭だということだったが、心のこもったスタッフのもてなしもあり、満喫した。
映画づくりを陰で支えてくれた妻孝行もやっとできた。

その7の3


その7の2


その7の1
プロフィール

lamafa

Author:lamafa
写真家 石川梵

初監督作品 「世界でいちばん美しい村」全国公開中

最新刊

祈りの大地祈りの大地(岩波書店)
(2014/04/23)
石川 梵

商品詳細を見る


伊勢神宮 式年遷宮と祈り (集英社新書)伊勢神宮 式年遷宮と祈り (集英社新書)
(2014/04/17)
石川 梵

商品詳細を見る



震災写真集「The Days After-東日本大震災の記憶」が日本写真協会作家賞を受賞しました。

写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶
(2011/06/24)
石川 梵

商品詳細を見る


鯨人 (集英社新書)鯨人 (集英社新書)
(2011/02/17)
石川 梵

商品詳細を見る


時の海、人の大地―太古の記憶を求めて地球を巡る旅時の海、人の大地―太古の記憶を求めて地球を巡る旅
(2006/12)
石川 梵

商品詳細を見る


海人―THE LAST WHALE HUNTERS海人―THE LAST WHALE HUNTERS
(1997/09)
石川 梵

商品詳細を見る


伊勢神宮―遷宮とその秘儀伊勢神宮―遷宮とその秘儀
(1993/11)
石川 梵

商品詳細を見る


最新刊
フリスビー犬、被災地をゆくフリスビー犬、被災地をゆく
(2011/12/24)
石川 梵

商品詳細を見る



ライフワーク、大自然と人間の共生をテーマに二つの目線から撮影を続ける。
1、地球46億年の歴史を、空から撮る。
2、祈りを通して、人間の内面世界を露わにする。

これまで講談社出版文化賞、日本写真協会作家賞,同新人賞他、受賞多数。
 Life, Paris Match, Geo、National Geographic など海外のメディアでもフォトストーリィを発表
著書に「祈りの大地」(岩波書店)「伊勢神宮 式年遷宮と祈り」(集英社)「 鯨人(くじらびと)」集英社新書 
写真集 「The Days After 東日本大震災の記憶」飛鳥新社「伊勢神宮、遷宮とその秘儀」 朝日新聞社
 「海人」新潮社
フォトエッセイに 「時の海・人の大地」 魁星出版、「フリスビー犬、被災地を行く」飛鳥新社がある。

東京都町田市在住 大分県出身
日本写真家協会会員

本ブログの写真・文章の了承なき使用は禁止します。
All rights reserved

Twitter bonlamafa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。